GEMS ~カエルの算数で様々な視点を身に付けよう~

>

皆さんこんにちは!

今週は体調不良でお休みになるお子様が徐々に増えています。

皆さん、体調管理には十分お気を付けください。

 

さて、12月は火曜日のカリキュラムのGEMSが始まりました!

GEMSとは化学・数学領域の探求型プログラムとなっており、

様々な体験を通して探求心を身に付けさせていきます。

7月・8月はシャボン玉フェスティバルでたくさんの【なぜ】を探しました。

詳しくはシャボン玉フェスティバルのブログをご覧ください^^

 

12月はカエルの算数を通して、様々な視点から物事を見る練習をしました。

皆さんはアーノルド・ローベル作の【ふたりはともだち】という本をご存知でしょうか。

子供達に伺うと、「知ってる!学校の教科書にも載ってるよ!」と教えてくれました。

今日はふたりはともだちの中にある【なくしたボタン】を使用して、GEMSの導入を行いました。

 

本の内容としては、ボタンをなくしてしまったがまくんのボタンを探す話で、作中に様々なボタンが登場します。

その本の内容を確認し、ボタンには様々な種類がある事を知ります。

 

そして実際にチームに分かれて、様々なボタンを観察します。

ボタンを観察した子供達は

「こんなボタン見たことない!」

「初めて見た・・・このボタン欲しいなぁ」と、

とても興味深く観察をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

中には、種類や色ごとにボタンを分けるチームもありました。

 

 

 

 

 

 

 

後半は「ボタンゲーム」を行いました。

一人一つ好きなボタンを選んでもらい、私たちが言った条件に合っていたら立ってもらいます。

「穴が4つのボタンの人!」

「丸いボタンの人!」

自分のボタンが条件通りの子は、とても嬉しそうに立ち上がります。

ゲームの最後に「色々な条件のボタンを言ったけど、皆が立つことはなかったよね。つまり、ボタンにもたくさんの種類があるんだよ。」と、伝えました。

 

来週は本日使ったボタンを使って、様々な条件を元にボタンを分けていきます。

色、大きさ、形、穴の数等・・・

ボタン一つを様々な視点から見ていきます。

 

GEMSを通して、物事を様々な視点から見る練習を行っていきます^^

明日は理科実験の日です!

明日も楽しんでいきましょうb

By

アーカイブ