他人と比較しても良いことは何もない。その時間を自分が成長する時間に使ったほうが良い。

>

今日はしっかりと晴れましたね。本日もありがとうございました(‐^▽^‐)

昨日、誕生日プレゼントとしてブルーライト付きのメガネ(PCやスマホの余分な光をカットしてくれる)を頂いたので、今日からメガネキャラになりました。
(*注 視力は良いので普段はメガネはかけていません)

このメガネの効力は抜群ですね。ドライアイ気味(?)の私にはスグレモノです。ありがとうございます。

にも関わらず、今日の子どもたちの反応は・・・。
一目見て大笑いする子もいれば、ブルーライトで青くなっている私を「青タン」呼ばわりしたり・・・(^▽^;)

子どもは正直ですね(ノω・、)めけずに、しばらくメガネキャラになります。

さて、今日は英語とパズル道場の並行Day!

英語は、スピーキングとライティングを学習しています。「話す」だけでなく、しっかりと書けるようにならないと、今の日本の英語教育では良い点数が取れません。

しかしながら、最近の文科省の発表によると、日本の英語教育が変わるかもという話です。これまでの「書く」だけの文法ありきの学習から、「話す」「聞く」という学習に。
入学試験なども変わるそうですが、果たしてどんな対策ができるのか・・・。

いわゆる一般的な学習塾では「スピーキング」の対応はしていないので、今後の塾業界の動向にも注意ですね。

ところで、今ある英語が日本で普及したのは、江戸時代末期だと言われています。

中浜万次郎、ご存知でしょうか。ジョン万次郎という名前も有名です。
江戸末期に土佐の漁師として生まれ、太平洋へ漁に出ていて嵐にあい、アメリカの船に助けてもらい、そのままアメリカへ連れて行かれました。
当時の日本は鎖国中で、オランダと中国以外とは国交がなく、英語なんて全く知らなかったのですが、彼はアメリカの学校に通い、トップの成績で卒業しました。
幕末の混乱期に日本に帰国し、英語を初めて日本に伝え、日本の文明開化に大きく影響を与えたのです。(諸説はあります)

それ以来の日本の英語教育ですから、今、大きな転換期になっているのでしょうね。

パズル道場は昨日に引き続き、「テキストをなるべく多く進める週」にしました。
とても集中して進められました。
立体4目並べは、小学1年生の子が小学3年生に勝ち、頑張っていました。
私も本気で対戦し、負けました・・・。相当強くなっています(゜д゜;)

「集中力を高める」と言えば、カリキュラムに入る前に黙想をさせることもあります。
黙想をすると集中力がかなり変わりますね。

カリキュラムの合間には、「しっぽ取りゲーム」や長縄で楽しみました。

そんなこんなで、木曜日は塾はお休みですが、小学生の子が自習に来て学習しておりましたが、今帰ったので今日の業務も終了です。私のリクエストでSpitzが流れています。

明日も宜しくお願いしますo(^▽^)o

By

アーカイブ